他社借入があるときのプロミス審査への影響について

プロミスを利用する場合は、最初に審査を受け、実際にその人の融資しても良いかどうかという事を判断してもらう事になっています。
その場合には年収、年齢、職業、雇用形態だけでなく、他社借入件数についても問われます。
借金と言うのは、沢山借りれば借りる程返済する事が大変になってしまいます。
つまり、他社借入件数が多くなればなる程、その人はお金に関して困っている状態で、さらに貸し倒れリスクが高くなるという事になります。

現在日本では利用可能となっている金融機関の数に上限は設けられていない為、制度的にはどれだけでも利用する事は出来るようになっています。
日本国内にはプロミスの様な大手だけでなく、各地に中小の金融機関も有り、そこから融資を受ける事もできます。
しかし沢山の所から借りている場合は、審査にマイナスに働いてしまう場合があり、結果的にプロミスでも融資不可と判断されt仕舞う事も有ります。

とはいっても、他社借入件数が1件でも有ったら審査に通る事が出来ないという訳でも有りません。
実際にはプロミスでも他の金融機関を利用していたとしても審査に通る事は出来るからです。
しかしその場合でも2社以上の借入となると条件も厳しくなってしまう為、1社位までしか審査には影響を与えないと言う事は出来ません。
もし2社以上の借入が有る場合はまずはその借金を返済する事、若しくは複数ある借金をひとまとめにして、すっきりとした状態にしてからプロミスの審査を受ける事になります。
プロミスの借り方|審査ポイント【まとめ】申し込み~融資までの流れはこちら

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.